メンテナンスも必要

一回の施術では通常ライト照射3回可能であり、トータルとして、40分~60分程度が限界値として考えるべきです。それ以上、オフィスホワイトニングの施術を続けるのは、やっぱり患者さんにかなり痛みの苦痛の出来る可能性もあり、口を開けていることに相当な苦痛があると判断をしています。

口を開けなければならないという意味では、オフィスホワイトニングは結構、つらいものと考えるべきものかもしれません。それでも、医師にお任せしている分、安心して施術を受けることが出来ます。そして、オフィスホワイトニングの施術を受けている人たちは、1週間~2週間程度の間隔をあけて、みなさんの目標値の白さになるまで定期的に続けておこなって行きます。あまり時間をおかないで、施術を続けていくことが、スピーディーに歯を白く出来る方法です。

そして、みなさんがオフィスホワイトニングで、目標の歯の白さに到達出来れば、一旦施術は終了です。しかし、オフィスホワイトニングの施術をしたあと、日々の飲食によって、少しずつ変色もして行ってしまうことになるので、1~3ヶ月に1度程度定期的に通い続けることが理想とされています。オフィスホワイトニングの料金ですが、現在オフィスホワイトニングの相場は一般歯科で1回3万円~5万円程度と言われています

施術のスタート

そして口腔内検査に通過すれば、開口器具を装着することからスタートです。開口器具を装着するのは、口を大きく開けて施術しやすくするためです

ヤニや歯石がひどい場合などはホワイトニング効果が出にくくなってしまうので、専用器具を使ったクリーニングがここではおこなわれます。そしていよいよ次には、薬剤を塗布することをして行きます。 薬剤を塗布して、より高い効果を期待するために、更に、オフィスホワイトニングでは、ライトを8分~15分程度照射をして行きます。ホワイトニングの中でも、最近では熱を持たないため歯、歯茎に優しいと言われているLEDライトを使用するものが人気です。

そして、口をゆすいでよく薬を洗い流します。オフィスホワイトニングの場合、一回の過程で終了ということではなく、より効果的にするために、今の過程を、三回程度繰り返して行きます。とすれば、オフィスホワイトニングの施術の期間はどの程度なのでしょうか。

実際に、医師と向きあい、オフィスホワイトニングのをしてもらうというものの、一回で歯を白くすることには限界があります。まず、はじめてオフィスホワイトニングという時には、通常ライト照射3回あたりが限界とされています。

ホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングか、ホームホワイトニングかどちらか選択を迷っている人たちもいるかもしれません。オフィスホワイトニングも、ホームホワイトニングも、薬剤を使用して、歯を白くする方法です。しかし、実際にホームホワイトニングは、自宅でするため安全性が考慮されて、濃度の低いものを使用しているので、それほどいい効果は期待出来ない場合はあります。

せっかく意欲は作られているのですから、ここはオフィスホワイトニングの選択が正しいかもしれません。ホームホワイトニングと、オフィスホワイトニングの薬剤には6倍近くの差があるとも言われています。だから、ホームホワイトニングで実際に白くすることが出来ますが、かなり時間がかかってしまうでしょう。

次は、オフィスホワイトニングの流れです。まず、歯科へ行けば、カウンセリングとともに、後口腔内をチェックをします。施術部分に重度の虫歯やひび割れなどあるかをチェックして、もしも、そのような症状がある人たちは、強い痛みを感じるので、施術をすることが出来ません。

歯周病の人たちも、施術はNGとされるケースもあり、オフィスホワイトニングは、やっぱり医師によりしっかりと大丈夫かどうかがチェックされて施術がおこなわれることになります。

オフィスホワイトニング

いま、ホワイトニングに注目している人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。確実に歯を白くしたいというのであれば、もちろんこの方法です。

もっと、女性の人たちはキレイになりたいと思っているでしょう。そのとき、歯をキレイにすれば、見違えるほど、美人になることが出来るかもしれません。絶対に美しくなりたい女性の人たちに注目していただきたい方法です。敢えて“オフィス”がより効果的と言われている理由は、かなり効果的な医薬品を使用していることです。

それは、歯科医院でおこなう方法のことをいい、濃度の高い漂白剤、過酸化水素を歯に塗布して行きます。そしてより効果をあげるために、ライトを照射しておこなうのが一般的方法です。その方法では、しっかりと医師のもと施術をおこなうことが出来るから、高濃度の薬剤と強力なライトを使用することが出来るのです。

よりパワーアップした白さを求めている人たちなら当然選択したい方法です。短時間でも、はっきりと違いは明確に見えてくるはずです。しかし、デメリットもそこにはあり、強力な薬剤を使用する一方では、痛みを感じる場合もあります。しかし、最近ではより技術が進歩して、痛くないタイプのものも登場して来ていると言われています。みなさんが歯を白くしたいと思い、もうひとつ、お家で歯を白くしようという選択肢もありますが、どうせなら、しっかり医師と向きあうのが、正しい選択肢ではないでしょうか。(関連リンク:大阪ホワイトニング